公開中 144 ブログの記事.
どこかご希望ありますか

私は出張先でよくサロンを利用します。
先日は仙台出張でした。夕飯を上司と摂ってホテルに戻り地元情報誌からサロンを探しましたが、初めての仙台で場所が分かりにくかった為、携帯から出張マッサージを探すことにしました。以前地元で男性セラピストをお願いしたことを思い出し、仙台の男性セラピストを探しました。ちょうど女性専用の出張
店があり(リラックスなんとか・・・)ホテルに呼んでみました。30分ほどで、ドアのコンコンとノックの音。来たのは三十代前半の感じの良さそうな男性でした。世間話をしながらコースや内容の説明を受けて90分の全身コースを頼みました。それからシャワーを浴びてタオルを巻いて部屋に戻
るとビックリ!!

部屋が真っ暗になっていてアロマキャンドルが、ひとつだけ灯してあって、よい香りに包まれた部屋にセラピストが立っていました。「こちらにどうぞ!」ベッドにうつ伏せになりマッサージ開始。部屋が薄暗いので恥ずかしい気持ちもなくマッサージを受けていました。女性にされるとき
は感じないのですが、薄暗いところで足の付け根やお尻をマッサージされていると次第に変な気分に、アソコが湿ってくるのが分かりました(恥)仰向けに
なって胸の方をマッサージされ、彼の指がたまたま乳○に当たったとき、「あっ~」と小さく声が漏れてしまいました。彼は「ごめんなさい、痛いです
か?」と聞いてきたので、私は「いえ、気持ちよくて(恥」と答えると「有難うございます。皆さん同じですから恥しがらないでください」と一言。

残り10分ほどで「どこかご希望ありますか?」と聞かれたときに思わず「胸の方を」と答えてしまいました。彼は乳○には触れないようにマッサージするので
すが時々微かに触れる感覚がよく、どうしようもなくなっって自分で下を触ってしまいました。しかも彼のアレをズボンの上から触りながら・・・(ビンビンになってました)私が自分で果てると同時に時間終了。マッサージやアロマで癒された上に最高に気持ちよいオ○ニーができて最高でした。終わった後に「したくならないの?」って聞いたら「仕事ですからなりません・・・嘘、そりゃなりますけど・・・」だって。
また再来月に仙台に出張行くのでまた呼ぶのが楽しみです。

65   4 月 前
結婚前に最後に私の念願の3P乱交セックス

付き合って5年。彼氏にプロポーズされました

私はOKの返事をして、結婚に向けて色々準備を始めました

でも、このまま結婚?と考えると何か勿体ないような変な気分に・・・


私は彼氏とのセックスは愛があるので好きです

でも・・・でも・・・前からしてみたい行為があったんです

それは複数の男性を相手にしたい・・・と言うことです

もちろん彼氏にはそんな願望など言えるはずもありません


結婚をするというのは嬉しい半面、このままずっと

この願望を叶えないまま、オバサンになって・・・

そんな風に思えて来てしまってました


私はエッチな経験は、人より少ない方だと思います

彼氏で3人目。彼氏とのセックスは普通?な事ばかり。

でも満足してない訳じゃない。彼氏の事も好き


でも・・・日に日に私の願望は強くなる一方。

エッチなサイトで、画像や動画を探しては

1人で慰めてしまうようになってしまいました

今までは、こんな事しなかったのに・・・


私はもう我慢出来ませんでした

1人じゃなく2人か3人の男性から

体を弄ばれたい・・・そればかりを考えてしまって

後腐れなく、絶対に彼氏にバレないように

願望を叶える為に・・・SNSに登録しました


初めて出会い系サイトを使います

勿論自分の写真とか名前なんか掛けません

偽名で住んでる地域も年も少しだけ違うことを書きました


登録した日からどんどん私にメールが来ます

ビックリしました。もう読み切れないぐらいの感じです


私はその中から何人か選んでメールしてみました

「彼がいます」と書いたのですが

メールした人の中で

「彼には言えない事とか願望あるんじゃない?」

と、私の心を見透かされたような事を書いた人がいました


私はその人に決めました。その人と何回かメールで話をして

実際に会うことになりました。私の願望は正直に言ってます


でも、とりあえず最初は彼氏が泊まりで仕事の時にでも

2人きりで会おうということになりました


会ってみると優しそうな人でした。

41歳と言ってましたが30代前半に見える人で

結婚して子供もいると言ってました


ドライブしながら、私の願望の話になり

「じゃぁ今から1人呼ぼうか?」

という流れになってしまいました


するともう一人もつかまり

すぐに合流出来ると言うことに・・・

私は一気に緊張と期待でドキドキが止まりません

待ってる間、最初に会った人と車の中でキスをしたり

軽く体を触られたりして待ってました


少しするともう一人も到着しました

車を1台にしてすぐにホテルに行きます

もう一人はその人の後輩でTさんと言いました

その人はSさんと呼びます


ホテルにつくと

Sさんが私の願望をTさんに説明します

私は恥ずかしくなってしまって下を向いてました

でもTさんは

「へ~彼氏がいるのに・・・エッチなんだねぇ?」

と私に近寄って体を触ります

反対側からSさんも体を触り始めます

「こんな可愛いのに3Pしたいなんて・・・」


「彼氏の一本じゃ足りないんだ?」

と2人は私を言葉責めしながら

服を脱がせ下着も脱がせ・・・裸にされました


私は興奮してあそこがビチョビチョになってて

足を広げられそれを2人に見られてしまって・・・


Tさんはそんな私のあそこを舐め始めます

Sさんは私の乳首に吸い付いてて・・・

ホテルの天井は鏡になってる所で

2人の男性が私の体を弄んでる所が見えます


Sさんは

「どう?2人に責められるの。気持ちいいでしょ?」

と私の耳元で囁きます

Tさんも

「凄い濡れてるね。いいよもっと気持ちよくなって」

と、言ってくれます


私はどんどん理性が外れてくるのがわかりました

2つの口に4本の手・・・

キスをしながらあそこを舐められ・・・

胸も左右違う人が舐めて・・・

あそこを指が何本も愛撫してくる・・・


私は何回もイッテしまいました


そして2人のあそこも交互に舐めたりして

両手に硬いのを握ると凄くいやらしい気分になります


そしてSさんのが私の中に入って来て・・・

Tさんのはお口で咥えます


「チ○ポ2本に犯されて嬉しいか?」

「彼氏が知ったらどうなるんだろうね」

2人は私に卑猥な言葉を言いながら

私を犯します


私は願望が叶った喜びと快感と・・・彼氏への罪悪感で

おかしくなるぐらい感じてしまいます

Sさんは出そうになるとTさんと交代します


今度はTさんがあそこにお口にSさんです

Tさんも出そうになるとまた交代するんです


私はこんな長い時間あそこにおちんちんを入れられた事は初めてでした

彼氏とする時の何倍もの時間・・・あそこを犯されます


私は何回も何回もイッテしまって・・・よく覚えてません

でも2人は決して乱暴にはせず、私を扱ってくれました


最初は今回だけという話だったのに

2人に犯されながら、またして欲しいと言うことを言わされて

また会うことになりました。


この先、結婚した後も関係を続けてしまう事になるのかと思うと怖いです

でも、SさんTさんが私の体を弄ぶ快感は忘れられそうにありません


あそことお尻・・・両方に入れて欲しい・・・そんな願望も新たに芽生えてます。

41   4 月 前
被老頭手指姦弄

他騎著我來到了那片工地上,民工都已經收工了,夏天的傍晚6點多鐘,天還是很亮的。他把我帶到了一幢建好的樓前,對我說:“我們上頂樓,這裡不會有人的。”於是,我跟著他上了這幢樓的頂樓。到了樓上,他迫不及待地脫掉了我的衣服和裙子,然後又撥光了自己的衣褲,我們兩個是完全赤條條的了。這時我看見了他的陽具,那是一條衰老地陽具,又軟,又小,龜頭縮在包皮裡面,耷拉著,老頭立刻要求我幫他把陽具弄大弄硬。於是我用手握著他的陰莖,使命地搓著,套弄著,可是他的陽具卻不見一點反映。老頭又要求我用嘴來舔他的龜頭。平時和老公做愛時,老公也有這樣的要求,可我總推說怕髒不願意。可是那天我卻鬼使神差,居然順從地幫他口交。我很努力地舔他的龜頭,甚至把他的陽具放進嘴裡含著,套弄著,可是不管我怎麼努力,他的陽具還是疲軟地耷拉著。事實上我在幫老頭打飛機和口交時,他都是有感覺的,他還很舒服地呻吟著,激動地說從來沒有這麼舒服過,可是他的陽具就是硬不起來。老頭氣喘籲籲地說:“哎,老了,這傢夥真是不中用了。”這時的我有點惱喪,沒好氣地說:“你都不行你還出來找女人?”老頭說:“我老頭子唯一嗜好就是弄女人,看到女人被弄得爽我就會很興奮。”我氣不打一出來,恨恨地說:“你都硬不起來,怎麼讓女人爽?”說完這句話,我起身撿起內褲準備穿上了。老頭急了說:“還沒玩呢,怎麼就穿上了?”“你東西沒用,還玩什麼?我要走了。”老頭見狀,一把抓住我,把我推到了牆角讓我靠著牆。我想反抗,可這時,老頭把手放到了我的陰部,然後中指開始揉我的陰蒂。他揉得地方很準確,輕重也洽到好處,比我平時手淫時好得多。漸漸地,我原來已經快乾了的陰部又濕潤起來,臉部表情也開始發生了變化。老頭見我動情了,奸笑著對我說:“你濕了。”這時老頭把兩根手指插進了我的陰戶裡,他的手指很粗壯,而且很粗糙,上面有著厚厚的繭子,磨擦著我的陰戶。他先是重重的插入,一沒到底,拔出,然後再重重的插入,一沒到底再拔出。他的每次插入都頂到了我陰戶裡最敏感的部位,我想這大概就是傳說中的“G”點吧。可惜我老公好像從來沒有找準過我的“G”點。突然,他的手指開始加快了抽插的速度,我感到來自陰戶裡那種強烈的快感,我興奮地不能自已,開始呻吟起來。老頭抽插的速度越來越快,我只聽到“劈劈啦啦”的聲音,無以名狀的快感襲捲著我。這時老頭對我說:“你舒服就叫出來,不會有人聽見的。”雖然我被他的手指插地很爽,但從潛意識時還是覺得自己被一個老頭用手指插得那麼爽是很羞恥的,所以我只是小聲的呻吟。沒想到老頭看我沒有大聲叫,居然對我使壞。這時,他把第三根手指也插了進來,我頓時感到陰戶裡快要脹開了,無比的爽快。然後老頭繼續在手指上加速,抽插速度快地驚人,而且他還用三根手指在我陰戶裡不斷地攪動,頓時我覺得陰戶裡一陣翻江倒海,那感覺爽極了。我陰戶裡強烈地快感使我再也忍不住了,終於開始大聲淫叫起來:“啊......哦......咦......快呀,再重一點,好爽快,好舒服呀,快插我,狠狠地插我,我舒服死了呀。”

這時的我,已經完全變成了一個蕩婦。老頭聽到了我的淫叫,更是興奮異常,手指不斷地攪動,在我陰戶壁裡碰撞著,攪著我的五臟六腑。突然,我大叫起來:“哦......啊......只覺得穴心一陣酥麻,緊接著,陰戶裡一陣有規則的收縮,一股液體從我身體裡滾滾流出,我到達高潮了,我興奮地全身抖動,覺得自己快活到了全身的每根神經。那個老頭可真是個玩弄女人的高手,他知道我高潮了,沒有馬上拔出他的手指,而是繼續猛烈地抽插,不讓我有喘息的餘地。隨著他的抽插,我的感覺又上來了。這時他分別用兩個手的兩根手指插入我的陰戶,這樣我的陰道里就有四根手指了。他時而左右手交替地插我,時而兩隻手一起插我,我被他插地又興奮地淫叫起來:“啊,好舒服呀,我舒服死了,快點呀,重點呀,插我,插死我,我喜歡被你插死。”我的屁股配合著他的抽插不停地扭動起來。

這時,他拔掉了另一隻手的手指,用一隻手的三根手指插進來,然後狠命地快速地抽插起來,他邊插,邊大聲地叫,興奮異常。他的三根手指在我陰戶裡像陀螺一樣的旋轉,摳挖,突然那種酥麻的感覺又來了,陰道的收縮比剛才那次更強烈,泊泊的淫水從我陰戶裡流出來。我居然又一次高潮了。後來,老頭自己給自己打手槍,居然射了出來。我問他為什麼前面我幫他弄沒有硬起來?他說:“他要看到女人被他弄得很爽了以後,才能硬起來,才能射精。他還說有很多女人都是被他手指插到高潮的,她們都說比真正的做愛更爽。”是呀,我也有這種感覺,我和老公做愛從來就沒有今天這樣的暢快淋漓地高潮,而且還是兩次。這次的經歷我終身難忘。我滿足的穿上衣服,離開了這幢大樓。

42   4 月 前
被老頭手指姦弄 _ 人妻熟女成人小說

我是一位28歲的年輕少婦,有一份令人羨慕的工作,我老公對我很好,很疼我,我也很愛他。可是結婚三年了,我和老公做愛從來沒有達到過高潮。我每次都是通過手淫達到高潮的,有時也會做性夢,在睡夢中與別人性交達到高潮。我長得不算特別漂亮,身高162,體重45公斤,是屬於嬌小玲瓏的那種身材。但令我自豪的是,我的MM可不小,老公總說我的MM長得好看,大而挺拔,雪白的皮膚,摸上去手感極佳。在單位裡也曾經有男同事對我投去過異樣的目光,但我從來就沒想過要背叛老公,更別提和別的男人有任何的身體接觸。

我想我是那種傳統,本份的女人。可是那個下午,卻讓一切改變了。那是個百無聊賴的星期天的傍晚。老公去北京出差已經整整10天了,我一個人無聊地上著網。突然QQ裡跳出一個人的頭像,我打開一看是有一個網友要求我接視頻。其實我原本是不喜歡視頻的,可是那真是個寂寞的傍晚,不知什麼原因我居然接受了視頻。過了一會兒視頻裡居然出現了A片的鏡頭,原來這個網友在放A片給我看。我平時和老公很少看A片的,看著畫面上那刺激眩目的畫面,我一時呆住了。我想馬上關掉視頻,可是不知怎麼的我居然沒有關掉,而是津津有味地看了下去。看著畫面上被三個男人奸弄的女人興奮地樣子,我也興奮莫名,居然把那個女人想像成了自己,我發覺自己的下體開始濕潤了,全身變得軟綿綿地,下體的渴欲越來越強烈。我開始用手撫摸起自己的下體,全身感到燥熱難當。這時那個網友由於我沒答應他祼聊的要求就離線了。突然沒有了那淫穢的畫面,我感到心裡一陣空蕩蕩的,下體的感覺卻在迅速的膨脹,我感到渾身熱得要讓人窒息了,雖然那是夏天,家裡開著冷氣,我卻覺得無比的燥熱,我無法再呆在家裡了,抓起手袋我離開了家。

可是我要去哪裡呢?我慢無目的在大街上閒逛著,不知不覺走到了一條很偏僻的小路上這條路很少有人走,路的前面以前是一片荒涼的空地,後來這片地被開發商用來造樓了,現在這裡是一片建築工地,而旁邊已經有幾幢新樓已經造好了。我沿著小路慢慢地走著,下體的感覺還在繼續膨脹著,讓我鬱悶異常。突然,我聽到身後有聲音,我回頭一看,只見一個年約60多歲的老年男子正騎著自行車。他的車速非常緩慢,好像是故意這麼緩慢的,以便能跟著我的腳步,我想他可能已經這樣跟著我好久了。老頭看我回頭,慢慢地他把車騎到了我的身邊,而且慢慢地靠到我身邊,和我的距離也就半米遠了,車速還是很緩慢。突然,他伸出手對準我的胸部摸了一下,我這一驚可不小,出於本能,我啊的叫了一聲。這條小路上沒有人,前面就是工地了,已經六點多了,工地上的工人也都收工了。所以我這一喊其實除了我和那老頭並沒有人聽見。我加快了向前的腳步,心裡撲通撲通跳得厲害。

我回過頭看了一眼,發現那老頭居然還在跟著我。我心裡忽然浮出了一個奇怪的念頭,我的腳怎麼軟得像團棉花,我心裡不斷對自己說:快走,快離開這裡。可是我的腳卻像不聽我使喚一樣,始終挪不開步子。就這樣,鬼使神差,我居然放慢了腳步,我居然期待那個老頭快跟上來。這時老頭已經騎車跟了上來,靠到我旁邊時,他下了自行車用一隻手推著車向前走。突然老頭用另一隻沒推車的手在我屁股上捏了一把。我又啊的叫了一聲,我想拔腿立刻就跑。可是這次老頭沒有給我機會,他立刻用手攬住了我的腰。我感覺到自己快要窒息了,被一個那麼老的老頭這樣抱著。我輕聲的說:“放開我。”老頭露出了淫笑,笑的時候還露出了黃牙,一看就知道那是假牙,他說:“別這樣,我們玩玩。”說完他把自行車停在了路邊,然後拉著我走到了路邊的牆角裡。他讓我背靠著牆,然後伸手就撩開了我的裙子,一隻手伸到了我的裙子裡,他的手接觸到我的花邊短褲,然後用一根手指在我褲子上蹭來蹭去,接著,老頭就把手直接伸進了我的短褲。他粗糙的手指接觸到了我最敏感的私處,頓時我感到一陣電流在下身湧動,令我興奮無比,我下身已經濕透了,我想我已經完全迷失在自己的慾念中了,全然不顧自己正在被一個老頭玩弄。老頭子把二根手指插進了我的陰戶,然後開始一進一出的抽插,我聽到了他的手指和我愛液攪動時發出“啪啪啪啪”的聲音。隨著他手指的抽插,我越來越興奮了,開始發出低低的呻吟。老頭子顯然沒想到,我會被他弄得那麼興奮,一個年輕漂亮的女子被他奸弄得那麼爽快,這挑起了他的慾望。這時他把手從我陰戶裡抽出來,對我說:“這裡不太方便,我們找個地方。”我說:“去哪裡?”他說:“有個地方不錯,你跟我來。”完全受慾念支配的我,已經完全迷失了,順從地坐上了他的自行車。

37   4 月 前